新・不定点観測

赤星豊

不定点観測:vol.25 東京(2)

025.jpg 11月19日、土曜日。今日は土曜日だから仕事はほとんどオフ。目が覚めると昼を過ぎていた。昨晩寝たのが12時過ぎだったから12時間寝てる。我ながらよう寝る。
 昨日は結構忙しかった。昼は恵比寿で、CM制作会社プロペラの内藤氏と、岡山のレイデックスの明石氏と代表者会議。この3社共同で来年ちょっと面白いことをやろうと画策している。午後3時からは六本木でメサゴ・メッセフランクフルトのスタッフと初面談。この会社は「インテリア・ライフスタイル展」というライフスタイルの提案見本市を主催する会社で、今後の展示に書籍や雑誌の可能性を見ており、KJに興味をもっていただいている。それから原宿のフレッドペリーの展示会を見に行った。途中、ラフォーレ原宿に出現したクリスマスツリーを発見(写真)。東京の季節感はこのようにデパートや街がかもしていく。クリスマスはなかでも最大のイベントだ。これから東京はクリスマス・ムード一色になっていくだろう。夜は代理店I&S BBDO主催の「うどん好き大好きの会」に出席。場所は神楽坂の鳥茶屋。ひとりじゃ寂しいから黒住光をともなって行った。出席者のひとり、ワールドフォトプレスの坂元氏も岡山の山陽町の出身で、男子全員が岡山県出身者というおかしな集まりだった。坂元氏はぼくと黒住が岡山弁で話すのを聞いて、「やっぱり岡山弁はいいね」と言ってた。「岡山県人を初めて生で見ました!」と、まるで70年代にパンダでも見たかのように感激した女の子もいた。

 今日は夕方近くに洗濯をした。うちには洗濯機がないので、もっぱらコインランドリーを使用している。一度、洗濯機に洗濯物を突っ込んで家に帰り、40分後にもう一度行って乾燥機に入れかえる。それからまた20分後に行って乾いた洗濯物を持ち帰る。これがコインランドリーのルーティンだ。便利だけど結構面倒でもある。空いてないときもあるし。
 今日も乾燥機に移しかえようとしてコインランドリーに行くと、8台ほどある乾燥機は満室で、そのうちの半分は乾燥が終わってドラムが止まっていた。女の子が一番奥で乾いた洗濯物をバッグに入れている。そのすぐそばでフィリピン人の女の子が待っていた。ぼくは2番目。誰がいつ引き取りにくるか分からないけど待つしかない。あきらめて、表でタバコを吸いながらフィリピン人の女の子を見ていると、彼女は異様にイラだっているようだった。乾燥機が空くと、カゴの中の濡れた洗濯物を投げるように入れて去っていった。さっきから洗濯物を乾燥機からバッグに移しかえている女の子が2台目にとりかかっていた。乾燥機を2台使っていたのだ。ぼくはさっきまでフィリピン人の女の子がいた場所に移って、乾燥機が空くのを待った。そしてすぐに彼女がなぜそんなにイラだっていたのか理解した。すぐ後ろで待っているというのに、その女の子、平然と一枚一枚をたたんでバッグに入れているのだ。しかもそのたたみ方が半端じゃない。曲がってるのはおろか、シワの1本も許さないというたたみ方なのである。もう頭抱えたね。たまらず声をかけたけど、会話にならなかった。女の子は中国人だった。水色のスカジャンの背中のデザインから、そうじゃないかなとは思っていた(白い刺繍でサングラスをかけたDJが描かれていました)。折りしも小泉さんの靖国参拝問題で中国と日本はさらに険悪なムードになってる。ぼくは黙ってただ待つしかなかった。小泉さんは、日本のこんな小さな商店街の片隅にまで問題が影響してるなんて思ってもないだろうな。東京での滞在日数、4日間経過。